藤堂 高虎
 
 

津城跡公園 (2016/8/5撮影)

三重県の県庁所在地である津市の市街地。
ここまで来たなら伊勢神宮に行きたいという欲求をグッと抑えて、津市を散策しますと、 『お城公園』と書かれた石垣と堀に囲まれた公園が在りました。



いかにも「昔は城でしたよ」といった名前の公園で分かりやすいのですが、ここはかつて藤堂高虎の居城、『津城』の跡を公園として残しているのです。
そこは元は城らしく、津城の案内板が色々と立っていました。

 津城の案内板
 北多門櫓の解説
 東鉄門桝形の解説
 丸之内本丸跡


公園となった城の中央は噴水の広場となっておりまして、その傍に見えました、
藤堂高虎公の像です。



豊臣恩顧の将ながら関が原の前にはためらいなく家康につくなど、時勢を見る目がある他、 築城術や水軍など経験を自分の力にできる人物だったようです。






うさ耳の兜がキュートな高虎公ですが、
武で手柄をたて続けて大名にのし上がった猛将です。