徳川 家康
 
 

両国 (2018/4/11撮影)

都営地下鉄大江戸線の両国駅で下車して地上に出ると、目の前に江戸東京博物館なる施設が現れます。
そんな博物館の駐車場への車道沿いの歩道を歩いていくと、徳川家康公の像が見えてきます。



像の位置が高いので下から見上げるアングルになりますが、相手は江戸を治めた将軍様ですから仕方ありません。



あらためて、引いて像の全体を見てみます。


亀に乗ってるね。

歩行者の目線から見ると、むしろ亀の方が目立つくらいのしっかりとした造形と大きさ。



あいにくの曇り空のせいか、それともかぶっている笠のせいか、家康公のお顔が陰って見えにくいので、カメラの明度を上げて撮ってみました。



江戸東京博物館には入らなかったのですが、いかにも観光客といった風の外国人の方々が入っていくのが見えたので、 海外からの東京の定番観光コースに入っているのかも知れません。
ただ、地上の敷地内に居た時には気付かなかったのですが、近くのJR両国駅のホームから見ると、思いのほか大きな施設でありました。