伏見 寺田屋を訪ねる    (2009/10/12撮影)
 
  小さな歴史の旅メニューへ  
 
 
幕末に興味がある人なら知る人ぞ知る、伏見は『寺田屋』です。

    


付近一帯、当時の面影を残しているのかな?と思いつつ現地へ行ってみましたが、残念ながらレトロな建物は寺田屋だけでした。
それでも今でも現役で残っているのは立派。


当時、「寺田屋事件」と呼ばれる出来事が2度ありまして、
1度目が薩摩藩士同士の壮絶な斬り合い、
2度目が坂本龍馬と長州の三好新蔵が幕府方に襲撃された事件です。

坂本龍馬が超有名なので、2度目の方がよく知られているかも。
歴史的事件としては、1度目の方が大きいような気もしますが。


建物の横に庭が在りまして、
坂本龍馬の像やその他の碑がいくつか建ってました。


    
    


拝観料を払えば、寺田屋内にも入れます。
日本の古い建物全般にいえる、意外と広くない感じを今回も受けましたが、これくらいが日本人に合ったサイズなんでしょうな。


    
     (左上)玄関横、二階への階段。

(右上)坂本龍馬が使っていた部屋。
ゆかりのものが何かと飾ってあります。

(左下)二階の窓から裏側方向。
龍馬はこの町並みを裏口から逃げ切ったのか。



その他、撮影した写真をいくつか。


    
     (左上・上)龍馬が襲われた時のものとされる刀傷と弾痕。
さすがに本物かなぁと疑わしい気もする。

(左下)裏階段。
これが有名な階段かな?



おまけ


    
二階の窓から表を見る。
龍馬側の視線ってことで。
     押入れを開けてみました。
ふつうに物が入ってましたとさ。


 
  小さな歴史の旅メニューへ