坂本龍馬・中岡慎太郎    
 
  小さな歴史の旅メニューへ  
 
 
(2015/9/22 撮影)

京都は三条から東へ向かい、八坂神社を南に抜け、高台寺を超えたあたりに在りました京都護国神社。
霊山とも呼ばれています。

      

      


ここには幕末の有名人たちの墓が沢山在るのですが、中でも丁重に葬られているのが坂本龍馬と中岡慎太郎です。

     (クリックで大きい写真) 

     (クリックで大きい写真) 

     墓の正面の景色。
ここに眠る志士たちが、京の町を見渡しているのです。

(クリックで大きい写真) 


この墓の横に2人の有名な像が在ります。
坂本龍馬と中岡慎太郎の像です。

     (クリックで大きい写真) 


が、これが思ってたより小さい。

若い頃に私は初めて京都競馬場へ行った時、友人とナリタブライアン像の前で待ち合わせしました。
しかし、そのナリタブライアン像が思ったより小さくて見つけられなかったという残念な思い出があるのですが、 そんな記憶がよみがえるほど、意外な小ささでした。

     (クリックで大きい写真) 

     (クリックで大きい写真) 

     (クリックで大きい写真) 


にしても、この銅像など典型的なのですが、
教科書をはじめとする書籍や幕末を扱うテレビ番組などでは、どうも坂本龍馬の方が中岡慎太郎よりも各上に扱われる傾向があります。

中岡慎太郎は龍馬に勝るとも劣らない英雄なんですよ。




 
  小さな歴史の旅メニューへ