小田原城
 
  小さな歴史の旅メニューへ  
 
 
(2017/1/8撮影)
神奈川県はJR小田原駅で下車。

駅前には小田原藩の英雄、二宮金次郎の像がお出迎え。
そんな駅前から西を見ると、もう城が見えています。

    


残念ながら小田原に着いたとたんに雨が降ってきてしまいましたが、
城の見えた方角を目指して小奇麗な商店街を抜けていきますと、小田原城の堀に到着。

    


堀の橋を渡って城の敷地に入ると、すぐに小田原城歴史見聞館という資料館が在りました。
覗いてみると、いくつかの北条氏に関する資料の他、豊臣軍に囲まれてから小田原開城に至る北条一族と重臣の評定の模様を 人形での劇と大河ドラマ風の映像とでそれぞれ上演していました。


    

    

その他、歩いていて見かけたものです。
 左上 > 明治天皇のご行幸の碑
 右上 > 小田原攻めでの城を囲む豊臣方の各将の配置地図
 左下 > 天守閣への回廊
 右下 > 常盤木門跡

そして天守閣が見えてきました。

    


ここで天守閣の横にすごいものを発見。
天守閣前の広場に大きな檻が建っていたので中を覗いてみたところ、サルを飼っているようです。

    


城でわざわざ動物を飼う必要な無いのですが、小田原城ではあえてサルを檻に入れています。
もう小田原人、城を秀吉(猿)に落とされたことをめちゃ根に持っています。



    


これが小田原城天守閣です。
雨でもなぜかけっこう混んでいますが、中にも入ってみます。

    


最上階から外の景色を見ることができました。

     近くに小田原湾が見えています。
     正面の小山の上に秀吉は一夜城を築いたといわれています。


 
  小さな歴史の旅メニューへ