難波宮跡
 
  小さな歴史の旅メニューへ  
 
 
大化の改新の頃、朝廷は短い間隔で都を転々と移した時期がありました。
その都の1つである難波宮の跡です。

今ではだだっ広い草むらと、かつての王宮の基礎が残るのみです。

    

    


じつはこの難波宮、中央大通りという道路を挟んで、大阪城の南側に存在しています。

    

何度となく中央大通りを車で走っていたのですが、いつも大阪城の方に注意が向くため、
逆サイドにこのような遺跡が在るとは最近まで気付きませんでした。
迂闊なものです。


    

 
  小さな歴史の旅メニューへ